野地温泉ホテル

湧きあがる源泉の蒸気が迫力、お風呂もいっぱい

  • 所在地 〒960-2157 福島市土湯温泉町字野地1 TEL 0242-64-3031
  • 公式サイトURL http://www.nojionsen.com/
  • 泉質
     単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉) 源泉: 野地温泉1号源泉(蒸気造成泉?)
     単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉) 源泉: 野地温泉2号源泉(蒸気造成泉)
  • 日帰り温泉入浴料 大人800円、小人(4歳~小学生)400円
  • 日帰り入浴営業時間
     11月~GWまで 平日10:30~15:00、土日祭日10:30~14:00
     GW明けから10月 平日10:00~15:00、土日祭日10:00~14:00
  • 設備等 男女別内湯、男女別露天風呂、食事処(めん処・高山)など、なおお風呂は沢山の種類があり、一部は3時間ごとに男女が切り替えになる
[2016年9月のデータ ただし日帰り温泉入浴料、受付時間等は2017年2月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★★☆ 泉質★★★☆☆ お湯は適温
  • 設備★★★★☆ 雰囲気★★★★☆ 扇の湯は脱衣所にベビーベッドあり

野地温泉ホテル 体験レポート

野地温泉ホテルの外観 野地温泉ホテルの正面入口
野地温泉ホテルの外観と入口。外観の画像はクリックで拡大。

 土湯峠に点在する秘湯群の中では高級感があるというか、わりと商売っ気がある感じの温泉ホテル。雪見露天風呂で知られる新野地温泉の手前で、やはり冬には雪見が期待できる場所。建物の道向かいにある駐車場がまるで宙に浮いている天空の駐車場みたいな感じも気になっている。

野地温泉ホテルの駐車場
野地温泉ホテルの道向かいの駐車場

 通りかかったのはちょうど少し遅めのお昼時。野地温泉ホテルより高湯方面に向けて、途中にあまり食事がとれそうな場所は無かった。できれば昼食を、さらにあわよくば入浴もと思って寄ってみた。

野地温泉ホテルのロビー 野地温泉ホテルの日帰り入浴入口
野地温泉ホテルのロビーと日帰り入浴入口

 正面の立派な入り口は宿泊者用。向かって右手の小さな玄関が日帰り入浴者用で、私たちはまず正面の入口から入ってフロントで食事ができるか聞いてみた。すると、既に1時は回っていたがラーメンならぎりぎり1時半まで受け付けているとのこと。めん処は2階で、確かに11時半から1時半が営業時間だった。おやじさんはもう片付けに入りかけていたが、何とか間に合ったみたい。私は塩ラーメンを、夫は醤油ラーメンを注文した。

野地温泉ホテルのラーメン屋 野地温泉ホテルの醤油ラーメン
野地温泉ホテルのラーメン屋「高山」と醤油ラーメン。ラーメン屋店内の画像はクリックで拡大。

 なかなかどうして本格的で豪華なラーメンで、しかもチャーシューの分厚さにもびっくり。これはわざわざでも立ち寄る価値があるかも。

野地温泉ホテルの塩ラーメン 麺処高山のメニュー
ラーメン屋「高山」の塩ラーメンと壁のメニュー表

 さて残るはお風呂だが・・・実は館内に入る前に野地温泉ホテルの公式サイトをチェックしたところ、日帰り入浴の受付は1時まで、利用終了が2時までとなっていて、。既に1時は過ぎているが、聞くだけ聞いてみようと考えた。

野地温泉ホテルの多用なお風呂
野地温泉ホテルの多様なお風呂

 先ほどラーメンの受付時間を調べてくださった受付の方に相談してみると、幸いにもOKとのこと。2時には上がりますのでと伝えて入浴させてもらえることになった。急ぎ足になるが、次はいつこの辺りに来られるか判らなかったのでとてもありがたい。
 ただし、下足は日帰り入浴用の下駄箱に移動させてほしいと言われて、靴だけは手に持って中央玄関から館内を通っていったん日帰り用玄関に運んだ。 これからチェックインしてくる宿泊客の履物と混ざってしまうとやっかいなのだそうだ。

女湯扇の湯の入口 男湯剣の湯の入口
野地温泉ホテルの女湯「扇の湯」と男湯「剣の湯」の入口

 野地温泉ホテルの浴室はいっぱいあった。ちょっと日帰りで立ち寄るだけでは、もうどこに何があるやら混乱するぐらい。まとめると、以下の通り。

  • 男性専用 剣の湯(内湯)
  • 女性専用 扇の湯(内湯)、羽衣の湯(露天風呂・扇の湯と繋がっている)
  • 男女交代制 天狗の湯(内湯+露天風呂)、千寿の湯(内湯)、鬼面の湯(露天風呂)
男女切り替え性の天狗の湯の入口
野地温泉ホテルの天狗の湯の入口

 それぞれ脱衣所も別だが、廊下に男女切り替え時間の案内板が貼ってあるほか、各浴室の入口に今、どちらの専用時間なのかわかるように看板が設置されているので、間違えて入ることはないだろう。この中で私は男女交代制の「天狗の湯」と女性専用の「扇の湯」「羽衣の湯」に入浴した。全部回るなら宿泊したいね。

野地温泉ホテルの天狗の湯の内湯
野地温泉ホテルの天狗の湯の内湯

 まずは野地温泉ホテルが「おもしろ露天風呂」と称する天狗の湯。
 四角い木製のお風呂と、神様を祭った露天風呂があるのだが、この内湯と露天風呂は中でお湯が繋がっていて、ざぶざぶと中を歩いて移動することもできる。
 露天風呂の形は六角形。そしてもうひとつ岩風呂がある。さらに振り返ると赤い天狗のお面が壁に掛けられていた。なるほどこれで天狗の湯か。

野地温泉ホテルの天狗の湯の岩の露天風呂 野地温泉のお湯
野地温泉ホテルの天狗の湯の岩の露天風呂と温泉のお湯。露天風呂全体の画像はクリックで拡大。

 お湯は綺麗なミルキーブルーの造成泉で、ゆで卵臭がして、さらさらと軽い。造成泉があまり好きじゃない人もいるけど、私はこの軽さもわりと好き。疲れている時など、ほどほどに回復させてくれる。

野地温泉ホテルの扇の湯と源泉湯煙
野地温泉ホテルの扇の湯と湯煙

 勿体ないけれど時間が足りないのであまりゆっくりできず、今度は女性専用の扇の湯へ。こちらはそのまま露天風呂の羽衣の湯にも出ることができる。脱衣所にはベビーベッドもあって、家族連れにも使いやすそうだ。

野地温泉の湯けむり
湧きあがる野地温泉の源泉湯煙

 扇形の浴槽はいかにもホテルの大浴場といった感じだが、特筆すべきは大きな窓の外の景色。塀が少し下部を遮るが間欠泉のようにランダムなタイミングでもくもくと湯煙が上がる。度肝を抜かれた。その迫力たるや、まさにこれぞ大地の恵み。お風呂からこれが見えるのは凄い。

野地温泉ホテルの羽衣の湯と湯煙
野地温泉ホテルの羽衣の湯露天風呂と湯煙

 露天風呂の羽衣の湯は岩風呂で、窓ガラス無しの直でその湯煙を見ることができるが、内湯の扇の湯以上に塀が高くて迫力は少し薄れる。しかし、この湯煙上がる景色を見てこそ、野地温泉ホテルのお風呂は価値があると感じた。

近隣の子連れ遊び場情報

  • 箕輪スキー場
  • 東北サファリパーク(福島Let's体験旅行に遊んだ記録あり)
  • ふくしまスカイパーク(アクロバット機やグライダーを間近で見られる ここで遊んだ体験記録は「滑川温泉湯治日記」参照)
  • フルーツライン(さくらんぼ、もも、梨、ぶどうなどの果物狩り リンクは福島観光協会サイト内 ここを訪問した記録は「福島Let's体験旅行」参照)
  • 四季の里(ガラス細工体験・じゃぶじゃぶ池・バッテリーカーなど ここで遊んだ体験記録は「福島Let's体験旅行」参照)
  • みずいろ公園