子連れ旅行温泉日記の目次子連れ温泉ガイド地熱愛好会 > 子連れ旅行温泉日記 > 富士山ふもとっぱらキャンプ場 > 2-8秘境の里 飛図温泉

◇◆富士山ふもとっぱらキャンプ場◆◇

8.秘境の里 飛図温泉






 私は飛図温泉なんて聞いたことがなかった。
 実のところ行きは看板にも気づいていなかった。
 いつも自分ちの車に乗っているときは助手席だから前方がよく見えるが、後部座席ではサイドしか見えないので看板は見過ごしがちだ。
 yuko_nekoさんが携帯のネットで調べて、日帰り入浴もやっているみたいだとか、鄙びた感じだとか教えてくれる。




 峠の手前まで戻り、行きとは違う道に入る。
 山を削ってコンクリートを作る古びた砕石工場の他は建物もあまり無い道。
 途中でライダー集団とすれ違った他は、あまり車の通りも無い。
 道をずんずん登っていくと、ふいに飛図温泉の建物が建っていた。
 看板には「秘境の里 飛図温泉」。
 秘境なのか・・・ココ。
 ・・・B級を絵にかいたような佇まいにちょっと不安になった。




 雨だれの跡のついた漆喰の四角ばった建物で、駐車場には意外に新しい飛図温泉の名が書かれたマイクロバスが停まっている。
 玄関のプランターを飾る花はきちんと手入れされているが、ちょっと昭和の臭いがする調度品が並んでいる。
 入って右にフロントがあり、正面は奥が宴会場のようになっていて、ちょっとした舞台やカラオケ設備があるのはいいのだが、スピーカーの上の変色したキティちゃんが怖い。

 受付の女性は日帰り入浴について伺うと入湯税込みで大人750円ですと愛想よく言った。
 子供たちは車で待っていると言うので大人だけで気軽だ。
 浴室は左手に進むとあるというので、私たちはスリッパに履き替えると入浴料を払った。




2-9卓球台がある温泉へ続く


富士山ふもとっぱらキャンプ場 目次 | 子連れ温泉ガイド地熱愛好会HOME