河口湖西川温泉 麗峰の湯

富士五湖の日帰り温泉でお湯がいいと言えばここ

  • 所在地 〒401-0304 山梨県南都留郡富士河口湖町河口2720-2 猿まわし劇場東 TEL 0555-76-7222
  • 泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(アルカリ性低張性低温泉)
  • 設備等 男女別内湯、休憩室
  • 施設維持管理費 大人500円、子供300円
  • 営業時間 午前10時~午後8時
[2005年4月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★★★ 泉質★★★★☆   湯温はぬるめでお風呂は浅い、泉質は特に刺激など無し
  • 設備★★★☆☆ 雰囲気★★☆☆☆  脱衣所は狭くベビーベッドなどは無いが、休憩室はあり

河口湖西川温泉 麗峰の湯 体験レポート

富士河口湖西川温泉 霊峰の湯外観

 富士五湖の一つ河口湖は山中湖と並ぶ一大観光地で、温泉旅館や豪華日帰り温泉はいくつもあるが、非加熱・非循環のシンプルな源泉掛け流しなど望めないかと思っていた。

 それが、あるところにはちゃんとある。
 河口湖には四つの源泉があり、一番新しい源泉として麗峰の湯を近隣の旅館などにも配湯している湯元がここだ。

 場所は大型日帰り温泉野天風呂天水のすぐ近く。河口湖の北側の湖畔沿いの道を、中央自動車道の方からアクセスすると、天水の手前、右側に青い看板が出ている。看板に従って右折すればすぐだ。
 ここは意外な穴場。
 小さいけれど、ちゃんと休憩室や足湯(上から2番目の画像)まで備えてある。

 去年二度ほど本栖湖にキャンプに行って、その度に寄りたいと思いつつ敵わなかった。
 今回、東京から日帰りで、富士急ハイランドに遊びに来た帰りに富士眺望の湯ゆらりとあわせて寄った。

富士河口湖西川温泉 霊峰の湯の足湯

 観光地のど真ん中とは思えない、鄙びた佇まい。
 駐車場も建物も小さい。
 しかも管理人は常駐しておらず、このときも入館したときは不在だった。入り口に小鳥の巣箱のような料金箱がある。

 入ると直ぐ小さめの休憩室があり、奥に男女別の浴室がある。
 お風呂は三つに仕切られている(男湯は二つ、全体の大きさは同じ)。
 約35度の源泉がそのまま注がれている源泉浴槽と、41度ぐらいに加熱した浴槽があり、その両方から溢れたお湯が流れ込むようになっている混合浴槽がひとつだ。
 シャンプーなどの備品は無いが、誰かが残していったものか、固形石鹸が置いてあった。

 最初に源泉浴槽に入ってみた。
 外の気温がかなり低かったので、お湯は冷たいとは思わなかった。
 かなり浅い浴槽で、子供にはぴったりだが大人は落ち着かない。

富士河口湖西川温泉 霊峰の湯の浴室

 泡付きもかなりある無色透明の湯で、臭いはあまりしない。味は最初はミネラルウォーターのようだが後味に少し石というか、石膏をなめたような感じが残る。
 肌触りはきしきしとすべすべと相反する二つの感触。

 しばらく入っていたら流石に少し寒くなってきて、後は混合浴槽、加熱浴槽の順に入ってみた。
 加熱浴槽は少し広く適度に深くなっている。それも底の部分が奥に行くに従って傾斜しており、座り心地が良い。浴槽の縁が木造であることといい、ちょっとしたところが居心地良いように工夫されていて嬉しい。

 混んできたので上がることにした。脱衣所に出てみたら、九つしかない脱衣棚が満杯だった。9人でマックスということだ。
 体はぽかぽかと内側から気持ちよく温まっていた。さらさらとした石膏泉特有の肌触りも少しある。

 観光地の土曜日の午後だというのに入浴客は地元の人ばかり。
 湯上がりに「良い湯でしたね」と言うと、「そうでしょうそうでしょう」と休憩室の客もみな自分の風呂のように自慢げに言う。
 隣にお笑い芸能人K.A.氏邸を建設中だが、今のところ麗峰の湯は建て替え予定は無いとのこと。
 キャパシティが小さいこともあって、あまり人には教えたくないようなそんな温泉だった。

近隣の子連れ遊び場情報

  • 富士急ハイランド(絶叫コースターで知られるが、トーマスランドやハム太郎のハムハムどきどき王国など子供向けライドも)
  • ブルーベリー観光農園(河口湖ブルーベリー園でブルーベリー狩りをした旅行記は「本栖湖キャンプ便り」でどうぞ)