俵山温泉 山口屋別館

外湯に通う文化の俵山温泉で、温泉を引く宿 家族風呂あり、ペット宿泊可

  • 所在地 〒759-4211、山口県長門市俵山湯町5081−3 TEL 0837-29-0050
  • 泉質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉) 源泉 森の湯泉
  • 公式サイトURL http://www.yamaguchiya.in/
  • 設備等 浴室は大小二つ(鍵を掛けて貸切利用可能)、なお宿泊はペット同伴可能
[2015年5月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★★★ 泉質★★★★☆ お湯は適温、滑りやすい泉質なので子連れは注意
  • 設備★★★★★ 雰囲気★★☆☆☆ 浴室は鍵を掛けて貸切利用可。家族湯として使える。

俵山温泉 山口屋別館の温泉動画【15秒】温泉動画


俵山温泉 山口屋別館 体験レポート

俵山温泉山口屋別館の入口外観 俵山温泉 山口屋別館のロビー
俵山温泉山口屋別館の入口とロビー。画像は両方ともクリックで拡大。

 俵山温泉で宿泊予約した宿は山口屋別館。
 本館があっての別館なのか、それとも本館は無いのか判らなかったが、宿には温泉が無く外の共同浴場に通う外湯スタイルが今も残っている温泉街 俵山温泉に於いては、内湯(旅館が温泉浴槽を備えているという意味)有りの山口屋別館は異色で、それもあってかメインストリートからは外れた立地にある。
 先ほどの土産屋こと福田泉月堂の左手をのぞくと道の先には石段の上に建つ熊野神社の社が見えるが、神社の手前を左に入る細い坂道を上るとその途中に山口屋別館がある。

 ちょうど車も入れるようになっている入り口のところがゲートになっていて、そのゲートの部分の上部がまるまる部屋になっている。チェックインしてわかったが、ここが私たちの泊まる部屋だった。

 母屋の方は普通の旅館というか、まあ民宿に毛の生えたような感じで、帳場の前は統一感の無いソファーや民芸品が置かれ、貼られた観光ポスターやマガジンラックからはみ出した雑誌がどことなく雑然とした印象を与える。
 ただ、剣山に活けられた花や鉢植えの花は本物だ。

俵山温泉山口屋別館の離れ 俵山温泉山口屋別館の離れの部屋
道路に面したゲートの部分の二階が離れ。右に見える階段で上がる。離れの客室(この他に続き間がある)。
画像は両方ともクリックで拡大。

 山口屋別館は本館の普通の客室の他に、離れが2室ある。
 ひとつは五合庵という名で、離れと言うか完全に独立した一棟の民家。それも江戸期の旧家の数寄屋造り古民家を利用し、民具、錦絵など100点以上のコレクションを展示しているという貴重な部屋で、古いもの好きの私は本当はここに泊りたかったのだが、残念ながら大人二人で申し込めるプランは無かった。
 もうひとつは単純に二階の離れという表現をされていたが、これがその、入り口のゲートの二階部分のことだった。

俵山温泉山口屋別館の離れの続き間 俵山温泉山口屋別館の離れ
こちらも離れの部屋の様子

 最初はびっくりしたが、中は広く二間続きで、ガラスケースに入った日本人形が何体か飾ってあったり、鴨居の上に日本画が飾ってあったり・・・早い話がやっぱり旅館と言うよりも田舎の旧家に泊りに来たような部屋だった。
 高級感というのとも違って、凄いんだか凄くないんだかわからない。
 でも居心地はなかなかいいと思う。
 それにここも独立しているので、私たちは今回大人だけだけど、子供連れなんかにもありがたいと思う。多少どたばたしても壁の隣や床の下に別の客室は無いから。
 ついでにこの宿の離れはペット可だ。

俵山温泉山口屋別館の脱衣所 俵山温泉山口屋別館の大きい方の浴室(家族風呂)
大きい方の浴室の脱衣所と浴槽

 山口屋別館の浴室は大小ひとつずつある。
 どちらも先客が無ければ鍵を掛けて使用できる家族風呂タイプ。
 源泉は森の湯泉。森の湯泉は白猿の湯にも他の源泉とミックスされて使われているが、山口屋別館では単独で使用しているみたいだ。

 寝る前にまず大きい方に入ってみた。大きいと言っても4~5人程度向け。大き目の家族風呂として贅沢感があってちょうどよいサイズ。
 浴槽は四角いシンプルなもので浴槽の縁は御影石だがあとはタイル張り。窓は広いが今は夜なので何も見えない。昼間見た感じだと、見晴らしは無く、ごく狭い坪庭のようになっていた。
 お湯は無色透明。
 にゅるにゅるした肌触りは町の湯より弱い。温度はごく適温。
 もう寝る前だからここで髪の毛もしっかり洗う。

俵山温泉山口屋別館の湯口
大きい浴室の湯口。画像はクリックで拡大。

 大きい方を上がったら小さい方にも入ってみる。
 二つの浴室のうち、大きい方はたぶん掛け流しだけど、小さい方は循環というか貯め湯。なんせ湯口から何も出ていなかった(町の湯の2号湯といい、俵山温泉は何も出ていない湯口が多いな・・)。
 そして小さい方はマイクロバブルなんとかいう機械が突っ込んである。これは最初動いていなかったが、ためしに♪マークのスイッチを入れたら・・・
 ゴゴゴと唸りながら泡らしいものが出てきた。なんだなんだ、この機械は。初めて見たよ。

俵山温泉山口屋別館の小さい方の浴室 俵山温泉山口屋別館のマイクロバブル発生装置
小さい浴室とマイクロバブル発生装置。浴室画像はクリックで拡大。

 湯上りはいい感じにすべすべになる。
 このすべすべ感はさっき入ってきた共同浴場の町の湯よりも顕著な気がした。
 俵山温泉はなかなかどうして美肌の湯かもしれない。
 このすべすべを楽しみながら、ふかふかのお布団にもぐりこんじゃえ!

近隣の子連れ遊び場情報

  • 七重川河川公園(河川プール)幼児プールあり   
  • 近隣の果樹園で果物狩り