那須湯本温泉 鹿の湯

那須湯本温泉の元湯の共同浴場

  • 所在地 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本51 TEL 0287-76-3098 FAX 0287-76-2045
  • 泉質 酸性-含硫黄-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)
  • 公式サイトURL http://www.shikanoyu.jp/
  • 設備等 男女別内湯、なお、柄杓と砂時計は無料で貸してもらえる
  • 営業時間 8:00~18:00(最終受付17:30)
  • 日帰り温泉入浴料 大人土日祝日500円、大人平日400円、小人(小学生)300円、幼児無料
  • 湯治体験 半日券 土日祝日1,500円、平日1,200円
  • 休業日 年中無休(メンテナンス休館あり)
[2005年10月のデータ ただし営業時間、入浴料、休業日等は2015年11月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★☆☆☆ 泉質★☆☆☆☆  湯温はさまざまな浴槽があるが全体的に熱め、肌への刺激も強い
  • 設備★☆☆☆☆ 雰囲気★★★★☆ 脱衣所が浴室と繋がっていて狭く、お湯も濁り湯で足下が見えないので注意

那須湯本温泉 鹿の湯 体験レポート

那須湯本温泉 元湯鹿の湯の入り口

 その昔、玉藻の前なる絶世の美女が時の支配者、鳥羽の院の寵愛を受け、やがては国を滅ぼそうとしたと、謡曲殺生石にうたわれる。

 正体を現した玉藻の前は、白面金毛九尾の狐の姿となり、那須へと逃れ、ついには魔力を持つ矢にて討ち果たされる。
 死してなお、九尾の狐の妖力は衰えず、石となった後も瘴気を撒き散らし、源翁和尚なる高僧に三つに砕かれた今も、石の置かれる辺り一面草木も生えぬ白い地獄の様相を呈している。
 これが那須湯本に伝わる九尾の狐伝説と殺生石の謂われだ。

 あの松尾芭蕉もおくのほそ道で「蜂蝶のたぐひ真砂の色の見えぬほどかさなり死す」とその光景を詠んでいる。

 つまり昆虫などが近寄るとみんな死んでしまうという、硫化水素などの毒ガスが噴き出し続ける那須湯本の様子を表している。

 まあとにかく九尾の狐のおかげで那須湯本温泉が湧いているわけだ。
 那須湯本の共同浴場 元湯鹿の湯は、その殺生石から道を渡った谷間にある。

元湯鹿の湯の渡り廊下

 受付で料金を払う。
 風呂場は左手。
 外からも見えたが、川の上に渡された橋状の渡り廊下を通っていくことになる。

 脱衣所は浴室と繋がっているタイプ。
 共同浴場でよく見かける作りだ。
 脱衣棚のあるスペースの両側に浴槽がある。
 片方は長方形の浴槽がひとつで、かぶり湯などに使う。
 もう片方がメインの浴室だ。四つほど四角い木の浴槽が並んでいて、全部温度が変えてある。

 元々は混浴であった男湯の方は、41度から48度までの1度刻みの浴槽があるという。
 女湯の方は43度から46度までの四つと、さらに階段を少し下りたところに42度の大きな浴槽がひとつだった。

元湯鹿の湯の暖簾

 熱い青白い濁り湯が木造の浴槽にたたえられている様子は如何にも昔ながらの共同浴場だ。
 硫黄の臭いと酸っぱいような臭いが入り交じっている。

 今回、那須湯本で宿を取ったのは雲海閣
 この元湯鹿の湯と同じ鹿の湯源泉を引く13軒の宿の一つだ。
 同じ鹿の湯源泉でも、やはり元湯鹿の湯の方がお湯が若いような気がする。
 臭いが雲海閣より薬っぽく、味にももっと酸味を感じる。

 それにしても混みすぎだ。
 人気があるのは判るが、オープン時間5分過ぎでもう35人も入浴客がいるとは。

 実は準備が出来次第、時間が来ていなくても開けるのだそうだ。
 一番風呂を楽しみたかったら、早めに来ていた方が良いかもしれない。
 お湯はやっぱり鹿の湯の方がいいが、もう少し角の取れて丸くなった源泉を、のんびりゆっくり独り占めできる雲海閣の方が快適度はずっと高いと思った。

元湯鹿の湯の男湯 ぽこハットのぽこさん提供

 鹿の湯はその名の通り、鹿が発見したとされる。
 開湯は千四百年近く昔のこと。7世紀の前半。
 正倉院の文書にも那須温泉の名が記されている。
 時代が変わり、温泉を取り巻く環境が変わっても、青白い濁り湯だけは変わらずこんこんと湧き続けてきたのだろうか。


元湯鹿の湯の浴室内の画像は、ぽこさんより許可を得てお借りしたものです

この温泉を訪問した時の子連れ旅行記

  • 那須の紅葉旅 (雲海閣に宿泊した様子もこちらに詳しく載せてます)

近隣の子連れ遊び場情報

  • 那須どうぶつ王国(珍しい犬や猫と触れ合ったり、ウサギ、ミニブタなどをレンタルして散歩させたりできる 那須の紅葉旅に遊んだ記録有り)
  • 那須高原南が丘牧場(駐車場・入場料無料の牧場)
  • 那須りんどう湖LAKE VIEW(旧りんどう湖ファミリー牧場)(スイスをイメージした牧場、ゴーカートなどの遊具もある)
  • 那須サファリパーク(サファリゾーンの他、ウサギとふれあえるコーナーもある)