箱根温泉郷 箱根小涌園ユネッサン森の湯

水着の温泉テーマパーク・ユネッサンのお風呂ゾーン

  • 所在地 〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297
  • 泉質 ナトリウム―塩化物泉(中性低張性高温泉) 源泉名: 小涌園供給温泉 自然湧水を混合した蒸気造成温泉
  • 公式サイトURL https://www.yunessun.com/
  • 営業時間 11時~20時
  • 休館日 年中無休(メンテナンス休業あり)
  • 入浴料 大人1,900円、小学生1,200円(水着エリアも利用の場合はパスポート購入がお得)
  • 設備等 男女別内湯、男女別露天風呂、貸切り風呂、サウナ、休憩室、レストラン(軽食)等
  • 私がトラベルジェイピー旅行ガイドに寄稿した箱根小涌園ユネッサンの記事 「箱根小涌園ユネッサン」は撮って楽しいインスタ映え温泉!
[2018年2月のデータ ただし入浴料、営業時間等は2018年8月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 湯温★★★★☆ 泉質★★★★☆ 温度はぬるめ適温
  • 設備★★★★★ 雰囲気★★★☆☆ ユネッサンの水着エリアで遊んだ後にどうぞ

箱根温泉郷 箱根小涌園ユネッサン森の湯 体験レポート

箱根小涌園ユネッサンの男湯露天風呂
箱根小涌園ユネッサンの男湯露天風呂

箱根小涌園ユネッサンといえば、水着で遊べるテーマパーク温泉、そのイメージが強いと思う。しかしちゃんと裸で入る温泉施設もあるのだ。それが森の湯。正確に言うと、箱根小涌園ユネッサンは、ユネッサン屋外エリア、ユネッサン屋内エリア、森の湯の三つのパーツでできている(ユネッサンの水着エリアはこちらで紹介)。

なお、使用している源泉は、水着エリアと森の湯では異なる。というか、森の湯って蒸気造成泉だったのね。

箱根小涌園ユネッサンの外観
箱根小涌園ユネッサンの外観

ユネッサン屋内エリアと屋外エリアは分けてはいるけれど、料金は共通だし出たり入ったり自由に行き来できる。それに対し森の湯は、同じ敷地内にあるが二階の連絡通路で繋がっているだけ。基本的には別棟で、完全に着替えなければ移動できない。両方に入れるパスポートを購入しない場合は、料金的にも水着エリアとは別扱い

左がユネッサン水着エリア、右が森の湯
左が水着エリア、右が森の湯

つまり、ユネッサンで水着で遊んだ後に洗ったりくつろいだりするお風呂とも言えるが、普通の日帰り温泉ととらえることもできる。

箱根小涌園ユネッサンの館内 箱根小涌園ユネッサン森の湯の休憩室
箱根小涌園ユネッサン森の湯の館内

ロッカーはちょっと狭い。連絡通路を使わずに直接森の湯の玄関から入った場合は靴袋を渡されるので自分の靴はそれで管理する。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の食事処兼休憩室
箱根小涌園ユネッサン森の湯の食事処兼休憩室

浴室は一歩入ってあまりの湯気の凄さに目が点になった。趣味兼仕事柄、沢山の温泉に入ってきたが、ここまで湯気の密度が高いのは初めてだった。ミストサウナよりひどい。辺りがまったく見えない。どのくらい凄いかというと、途中で外国人の親子連れが入ってきたのだが、ユネッサンと同じシステムだと思ったのか、水着のまま浴室に入って、お風呂につかるまで周りの人が裸だとしばらく気づかないほどに湯気が濃かった。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の桧風呂
箱根小涌園ユネッサン森の湯の桧風呂、これでも湯気の中、撮影努力した

さらに営業時間終了後にそのまま森の湯の取材になったのだが、広報の人に湯気が凄くて内湯は何も見えなかったと言ったら、はははまさかと笑われて、実際に浴室に移動してみたらその人の目も点になったほどだった。

別に通気が悪かったわけじゃない。露天風呂に繋がるドアはずっと開けっ放し。外気温が低かったのが理由の一つだと思うけど、とにかく笑っちゃうほど何も見えないお風呂だった。

箱根小涌園ユネッサン森の湯のコラーゲン風呂
箱根小涌園ユネッサン森の湯のコラーゲン風呂

脱衣所に近い大きい浴槽は内湯が一部ジャクージ。露天風呂に出ると白濁したコラーゲン風呂があった。これがなかなかの人気ぶり。壁にも「入ってみたい風呂1位」とか張り紙がある。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の陶器風呂
箱根小涌園ユネッサン森の湯の陶器風呂

露天風呂はこれだけかと思ったらそんなことはなかった。信楽焼の円い陶器風呂が二つ。それも一般的な壺湯や瓶風呂より大きめ。親子とか友達同士で一緒に入れそう。さらにそこから段差を下りると大きな岩風呂が複数。一部は東屋付きで、その奥に変わり風呂(この時は生姜風呂)。さらにその近くにはもう一つの陶器風呂も。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の女湯露天風呂
箱根小涌園ユネッサン森の湯の女湯露天風呂

岩風呂の方からも内湯に戻れるようになっていて、中に入ると桧風呂があった。桧風呂とコラーゲン風呂は女湯限定らしい。


特に生姜の変わり風呂がぬるかったが、全体的にぬるめ。お湯の色は露天風呂は夜なので、内湯は湯気が凄くてよくわからず。軽いきしつきがあり、においはまあ消毒のカルキ。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の変わり風呂 変わり風呂の生姜
箱根小涌園ユネッサン森の湯の変わり風呂、ホントに巨大生姜がまるまる入っていた

しかし入ってすぐに足がちりちりしてくるほどに塩分を感じる。さらに外気がすごく冷えていて、お湯自体もぬるめなのに、ちょっと入っただけで手足を外に出したくなるほどに温まる。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の男湯露天風呂
箱根小涌園ユネッサン森の湯の男湯露天風呂

あちこち歩くところが凍結していて滑りやすいのが怖い。一通り入って回った後は、陶器湯が気に入りずっとそこにいた。

割と外国人の入浴客が多く、さっきの水着で入ってきちゃった親子もそうだが、他にも後生大事に露天風呂でもショップの紙袋を離さない女性連れや、白濁したコラーゲン風呂の深さがわからず怖がっている人や、バスタオルを浴槽に入るぎりぎりまではずさない人など、珍しい光景が沢山あった。

箱根小涌園ユネッサン森の湯の男湯内湯
箱根小涌園ユネッサンの男湯内湯、窓を開けてもらったけど、まだ湯気が凄い

しかし予想以上に良い湯であったよ。湯上がりも指を中心にえらくすべすべする。


箱根小涌園ユネッサンを取材して記事にしています。よろしければあわせてご覧ください。
⇒箱根小涌園ユネッサンの記事 「箱根小涌園ユネッサン」は撮って楽しいインスタ映え温泉!

箱根温泉郷 箱根小涌園ユネッサン森の湯へのアクセス(地図)と口コミ

近隣の子連れ遊び場情報

  • 鈴廣かまぼこの里(お弁当向きに電車や車、ハート柄の蒲鉾も売っている)
  • 箱根小涌園ユネッサン(水着のテーマパークみたいなお風呂がいっぱい)
  • 箱根芦ノ湖遊覧船・海賊船
  • 箱根彫刻の森美術館