箱根湯本温泉 箱根湯寮

小田急グループの綺麗な日帰り温泉

  • 所在地 〒250-0315 神奈川県足柄下郡箱根町塔之澤4 TEL 0460-85-8411
  • 泉質 アルカリ性単純温泉
  • 公式サイトURL http://www.hakoneyuryo.jp/
  • 営業時間 平日 10時~21時(最終入場20時)、土日祝日 10時~22時(最終入場21時)
  • 休館日 年中無休(メンテナンス休業あり)
  • 入浴料 大人1,400円、小学生700円(小学生未満の子供は貸切り露天風呂の利用のみ可)
  • 設備等 男女別内湯、貸切り個室露天風呂(有料)、食事処、大型休憩スペース、ほぐし処等
[2017年9月のデータ ただし営業時間、入浴料等は2018年3月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 湯温★★★★☆ 泉質★★★★★ 温度は特に露天風呂はぬるめ
  • 設備----- 雰囲気★★★★☆ 小学生未満は大浴場不可なので貸切り個室風呂利用のこと

箱根湯本温泉 箱根湯寮 体験レポート

箱根湯寮の門
箱根湯寮の門

 「箱根湯寮」という文字を見ると、反射的に「箱根ベゴニア園」とか「ひめしゃらの湯」というワードが頭に浮かぶ。箱根ベゴニア園は遠い昔行ったことがあったかなぁ。曖昧だ。ひめしゃらの湯は入ったことがない。特にお湯が良かったとかそういう話も聞いたことがない。

箱根湯寮の源泉櫓 箱根湯寮のシャトルバス乗り場
箱根湯寮の第三源泉櫓とシャトルバス乗り場

 その箱根ベゴニア園とひめしゃらの湯が老朽化で閉業して、その後にできたのがこの箱根湯寮だ。小田急グループの日帰り温泉だから、小田急ロマンスカーの中や箱根湯本駅なんかでやたらとポスターやリーフレットを見かける。

箱根湯寮の外観 箱根湯寮の館内図
箱根湯寮の外観

 私は勝手に高級路線で貸切り個室風呂しか無い日帰り温泉だと思っていたが、行ってみたらそんなことは無かった。ちゃんと普通に男女別の大浴場や露天風呂があって、その他に貸切り個室露天風呂があるところだった。でも日帰り温泉としてはかなりラグジュアリー感が高い。そして想定内だけど人気があるので混雑している。

箱根湯寮の受付 箱根湯寮の館内
箱根湯寮の受付

 箱根湯寮は箱根湯本駅からシャトルバスで3分と便利な立地にある。箱根登山電車の塔ノ沢駅からも歩いて5分程度だから、箱根の山を下りてきて最後に入って帰ろうと思うなら、塔ノ沢から歩いて行き、入った後はシャトルバスで箱根湯本に出ると効率が良い。

箱根湯寮の食事処「箱根八里」
箱根湯寮の食事処「箱根八里」

 そもそも箱根には箱根スイーツコレクションというスイーツイベントの取材で来たので、お風呂の前にまずは箱根湯寮食事処の「箱根八里」に寄った。食事処も小田急のホテルシェフが作っているということで、その辺の日帰り温泉よりグレードが高い。

箱根湯寮の箱根スイーツコレクション
箱根湯寮の箱根スイーツコレクション2017秋バージョン

 お風呂は内湯は圧注浴、ジャグジーなどがある。一方露天風呂は段差を利用した3つぐらいの浴槽があり、その中に樽風呂が二つ。この樽風呂は特に人気で、常に誰かが入っていた。段差の一番下の見晴らし風呂が非常に眺望が良い。これはこのためだけに寄っても良いと思うほど。気に入ったのでほぼここで過ごした。

箱根湯寮の浴室入口 箱根湯寮の浴室暖簾
箱根湯寮の浴室暖簾

 この時サウナは故障中。普段はサウナでロウリュも行うらしい。お湯は無色透明。わずかに濁りがあるかなしか。まあにおいは消毒のカルキ臭。これはいたしかたない。温度はぬるめ。

夜の箱根湯寮
夜の箱根湯寮

 最初は少しきしつく肌触りかと思ったが、髪を洗った後はむしろ指の間ににゅるっとくる感触があった。それに入っている間はカルキ臭しか感じなかったが、何故か上がった後に海苔の佃煮みたいなにおいがちょっと。

箱根湯寮

 湯上がりの肌のサラサラ感は秀逸で、消毒臭いくせになかなかやるな、おぬし・・・みたいな温泉だった。とにかく施設が小綺麗だから一般受けするよ。

近隣の子連れ遊び場情報

  • 鈴廣かまぼこの里(お弁当向きに電車や車、ハート柄の蒲鉾も売っている)
  • 箱根小涌園ユネッサン(水着のテーマパークみたいなお風呂がいっぱい)
  • 箱根芦ノ湖遊覧船・海賊船
  • 箱根彫刻の森美術館