湯宿温泉 旅館みやま荘

湯宿温泉の旅館、建物は新しい

  • 所在地 〒379-1409群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉598-1 TEL 0278-64-0545
  • 泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉 源泉名:湯宿温泉窪湯
  • 公式サイトURI http://miyamaso.net/
  • 日帰り温泉入浴料 600円(要問合せ)
  • 設備等 男女別内湯
  • ※湯宿温泉の旅館は宿泊すれば共同浴場の鍵を借りて使用することができる(現在みやま荘では窪湯竹の湯小滝の湯の三ヵ所が利用可能)
  • ※2016年現在残念ながら休業中(miyaさんから情報を頂きました。ありがとうございます。)
[2008年2月(宿泊利用)のデータ 一部は2016年2月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★☆☆ 泉質★★★★★  源泉は熱いが加水してあれば適温、泉質は刺激なし
  • 設備★★★☆☆ 雰囲気★★★☆☆

湯宿温泉 旅館みやま荘 体験レポート

湯宿温泉みやま荘の外観 湯宿温泉みやま荘の囲炉裏
湯宿温泉 みやま荘の外観と囲炉裏

 湯宿温泉は猿ヶ京温泉郷の中に含まれることもあるが、穴場ながら良い湯の溢れる温泉地だ。
 地元の人たちと温泉街宿泊者のための共同浴場が四ヶ所。
 宿の宿泊料もそれほど高くは無く、知っているとちょっとお得な場所でもあるかもしれない。

 泊まった宿はみやま荘という名前からして民宿に毛の生えたような古い宿を想像していたが、意外にもとても綺麗だった。
 こぢんまりとしているが、改装したてということで、外も中もぴかぴかだ。
 私たちが案内されたのは三階の「和み」という部屋で、到着した時には既にお布団が敷いてあって炬燵もある。広くは無いが居心地が良さそうだ。

湯宿温泉みやま荘の浴室入口 湯宿温泉みやま荘の温泉
湯宿温泉 みやま荘の浴室入り口と浴室

 みやま荘の大浴場も、みやま荘自体がリニューアルしたてなのだから客室同様にとても綺麗で清潔だった。
 本当にリーズナブルな宿泊予算から言うと有り得ないぐらいの設備だ。
 木の縁を持つ長方形の浴槽はかなりの高級旅館と言っても不思議は無いような造りだ。
 先ほど松の湯で同浴した地元の方によると、湯宿の源泉は一本だけということなので共同浴場の松の湯も竹の湯窪湯も小滝の湯もみやま荘も同じお湯ということになる。
 ただ、みやま荘では適温になるよう最初から加水されていた。

 明るく広々としている分、共同浴場より落ち着いて入れる。
 それに浴槽の縁が木造なのがいいよねぇ。

 きしきしとした肌触りは共同浴場と同じ。
 臭いは薄く、湯の花はかなり大きいものがいくつか。
 白い綿の固まりのような湯の花で、触った感触も綿に似ている。その白い固まりの周囲に僅かに茶褐色の別の湯の花が絡まっている。

湯宿温泉みやま荘の朝食 湯宿温泉みやま荘の帳場
湯宿温泉 みやま荘の朝食と帳場

近隣の子連れ遊び場情報

  • たくみの里(木工・竹細工・押し花などの工芸体験ができる施設。近くにはフルーツ公園桃李館もある)