碓氷峠の森公園交流館 峠の湯

軽井沢からも近い日帰り温泉施設 2015年秋に再オープン予定

  • ※ 2013年7月の火災で休館中。2015年秋に再オープン予定。
  • 所在地 〒379-0307群馬県安中市松井田町坂本1222 TEL 027-380-4000 FAX 027-380-4001
  • 公式サイトURL http://www.usuitouge.com/tougenoyu/
  • 泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)
  • 営業時間 AM10:00~PM9:00 定休日 第二・第四火曜日
  • 利用料 大人3時間500円、6時間1,000円、子供3時間400円、6時間800円
  • 設備等 男女別露天風呂有り、和室休憩室有り、休憩個室付き貸切家族風呂有り(前日の午前中までに予約) 
[2002年4月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★★★ 泉質★★★★☆   湯温は適温、泉質は特に刺激はなくベビーでも大丈夫
  • 設備★★★★★ 雰囲気★★★☆☆ 脱衣所にベビーベッド有り(なんと男性用脱衣所にもベビーベッド有り)

碓氷峠の森公園交流館 峠の湯 体験レポート

碓井峠の森公園交流館の峠の湯 外観

 碓氷峠の近隣は、もう何でも「峠のナントカ」なのである。
 手持ちのガイドブックもカーナビのソフトも古く、2001年にできたばかりのぴかぴかの施設、峠の湯はいまひとつ所在がはっきりしなかった。
 まあ峠と言うからには、国道18号を行けば判るだろうと思ったが、何を間違ったか小根山森林公園に着いてしまった(まぬけな)。
 峠の湯はここではない。18号線をもう少し軽井沢方面へ走ればすぐ判る(笑)。

 入り口はめがね橋を意識しているのだが、その前の榛名湖旅行の時に行った碓氷峠鉄道文化むらの入り口も似たような感じだった。

 入って吃驚。あまりにもゴージャスで綺麗。最近の日帰り温泉施設は綺麗なところが多いが、これまた群を抜いているかも。ロビーに土産物屋もあるのだが、その一角は昔懐かしい系の駄菓子コーナーになっていたりして、何だかこだわりを感じる(が、しかし、何故駄菓子?)。

 浴室は二階。真新しい木の螺旋階段を上ると窓の広い明るいスペースがある。

 女性用脱衣所にベビーベッドもしくはおむつ替えシートがあるのは、新しい日帰り施設ではもはや常識だが、ここはなんと男性用脱衣所にもベビーベッドがある。
 うーん、パパに赤ちゃんと入ってねってことだね。いいことだ。
 脱衣所のイスなども籐椅子で統一してあるんで、手を抜かずベビーベッドの柵も籐なのが洒落てる。

 大浴場は碓井(和風)と霧積(洋風)とあり週毎に男女入れ替えるらしい。
 和風の露天風呂は右の画像の通り。
 洋風の露天風呂はひょうたん型で大理石調。わりと浅めで背の低い子供でも立てるのが嬉しい。大人も半寝そべり状態。アンニュイできます(笑)。

峠の湯の露天風呂

 湯は少し緑がかって、少しにゅるっとくる感じ。露天風呂より内湯の方がにゅるにゅる度は高し。お子さまでも大丈夫。但し、滑らないように。

 特筆すべきは休憩個室付き家族風呂があること。お値段も3時間3000円となかなかリーズナブル(前日午前中までに要予約)。
 一応浴槽はヒノキだそうで、これはいろいろな使い方ができるんじゃ無かろうか。子供が小さすぎて温泉に入れられるか判らないとか、あまりの悪ガキで大騒ぎするので大浴場に連れていきたくないとか、三世代でゆっくり過ごしたいとか、どうですかね。

 一階にレストランがあるが、二階に和室休憩室があり、この休憩室で食事もとれる。子連れにはありがたい配慮だ。
 この施設は分煙化も徹底していて、隔離された喫煙室か外でしかスモーキングできない。
 休憩室から見える裏妙義も絵になる。

 敷地内には子供向け遊具(アスレチック、ローラーコースター)もあるし、近くには観光スポットも多いので、軽井沢や群馬方面の行き帰りに、上信越自動車道に乗る前に一風呂浴びるっていう使い方もいいかも。

 天気が良ければ景色ももっと良さそう。施設の清潔度はパーフェクト。
 隣りに宿泊コテージもあって、泊まりがけもOK。