伊香保温泉 石段の湯

石段街の温泉に建つ共同浴場

  • 所在地 群馬県渋川市伊香保町伊香保36(石段街入り口) TEL 0279-72-4526
  • 泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性温泉)
  • 営業時間
     ・4月~10月:9:00~21:00(最終入場20:30)
     ・11月~3月:9:00~20:30(最終入場20:00)
  • 定休日 毎月第2第4火曜日(祝祭日は無休)、他にメンテナンス休館あり
  • 利用料 大人410円、小人200円、身体障害者100円
  • 設備等 男女別内湯、休憩室有り
[2002年4月のデータ ただし料金・日帰り温泉営業時間・定休日は2015年11月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★☆☆☆ 泉質★★★☆☆  お湯はかなり熱め、浴槽も浅くない
  • 設備★★☆☆☆ 雰囲気★★★★☆ 脱衣所は狭い、休憩室はある

伊香保温泉 石段の湯 体験レポート

伊香保温泉石段の湯

 ゴールデンウィークの初日に訪問。
 以前、伊香保温泉露天風呂には行ったことがあり、次はどうしても石段の湯に行ってみたかった。

 ネックになっていたのは、石段(笑)。
 子供二人をかかえて、石段を延々と登ったり下りたりするのは勘弁と思っていたが、この石段の湯、本当に石段街の入り口にあって、幸いほとんど登らなくて宜しい。

 伊香保といえば石段街。CMにも出てくる大正浪漫というか、江戸情緒というか、あんな感じ。
 とりあえず石段の湯に行くには、石段街の裏手の旧ハワイ公使別邸の斜め前辺りにある駐車場に車を停めて、急坂を少し昇り、それから裏の石段をたった四段登れば、裏口。
 表に回れば、濃紺の暖簾と、石段街の最下部が見える。この石段をずっと登っていけば、頂上は伊香保神社だ。

 暖簾をくぐると、待合室のような場所がある。
 二階に休憩室もあるが、連れ合いが上がるのを待つだけなら、ここでも良い。座って待てるようにイスがおいてある。

伊香保温泉石段の湯の浴室

 脱衣所は狭い。連休中の混雑で、使用中の脱衣籠が床に点在していて、足の踏み場がないほどだ。
 子供二人を連れて一人で入るのは、馴れていないと難儀だろう。

 浴室は薄暗い。
 金属と大理石調のつくりで、和洋折衷加減がレトロでよい。沢渡温泉公衆浴場にも通じるものがあるような気がする。
 ライオンの口から湯が出ている。伊香保の赤濁り湯で長年かけて染められて、湯の当たるところはすっかり良い色だ。

 お湯はかなり熱い。小さい子には不向き。浴槽も浅くはないが、階段状のところなら大丈夫。
 肌にしみ通るような伊香保の湯。少し金属っぽい味。色は茶褐色。

伊香保温泉街

 ゴールデンウィーク中の有名温泉なのに、どういうわけか、不慣れな旅人然とした入浴客がいなかったのが不思議。
 誰もみな、何年も前からいつも来ているような感じ。
 時間が止まったような石段の湯だった。