幕川温泉 水戸屋旅館

幕川温泉の二軒のうち一軒、ワイルドな混浴露天風呂

  • 所在地 〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山1-3 TEL 0242-64-3316
  • 泉質
     単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉) 源泉名: 幕川1号泉
     単純硫黄温泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉) 源泉名: 幕川5号泉
  • 日帰り温泉入浴料 大人500円、小人300円
  • 日帰り温泉受付時間 10:00~15:00
  • 設備等 男女別内湯、男女別露天風呂、混浴露天風呂など
  • 冬季(11月上旬~GW前)休業
  • ※撮影許可はいただいています
  • 私が旅行ガイド<たびねす>で幕川温泉 水戸屋旅館を紹介した記事 山と渓流の絶景混浴露天風呂!福島の秘湯「幕川温泉 水戸屋旅館」
[2016年9月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★☆☆ 泉質★★★☆☆ 温度はきもち熱めの浴槽が多い
  • 設備★★★★☆ 雰囲気★★★★★ 混浴は相方の協力がほしいところ

幕川温泉 水戸屋旅館の温泉動画【17秒】


幕川温泉 水戸屋旅館 体験レポート

幕川温泉 水戸屋旅館の外観 幕川温泉水戸屋旅館のフロント
幕川温泉 水戸屋旅館の外観とフロント。外観の画像はクリックで拡大。

 ひゅうたん型の混浴露天風呂が有名だけど、最初に感動したのは川沿いのさえりの湯。
 と、いきなり言うのもなんだけど、幕川温泉 水戸屋旅館には三ヵ所のお風呂がある。屋上(?)にあるひょうたん型の展望混浴露天風呂、川べりの混浴露天風呂・さえりの湯、館内の男女別の内湯とその内湯に付属した露天風呂。特徴として混浴が多いだけじゃなく、展望のバリエーションも豊富だし、混浴したくない場合の内湯と露天風呂も揃っているので、非常に贅沢な秘湯とも言える。

幕川温泉水戸屋旅館の展望露天風呂(混浴)
幕川温泉 水戸屋旅館の展望露天風呂(混浴)

 幕川温泉は土湯峠周辺に点在する秘湯の中でも秘境と行ってよい奥まった場所にある。冬季は休業せざるを得ないような道の先で、同じ幕川温泉の吉倉屋旅館の隣。
 この二軒は同じ二本の源泉を引いているので、違いといえばこちらの水戸屋旅館の方がお風呂にワイルド感があり、混浴がメインとなっている所か。吉倉屋旅館の後に水戸屋旅館を訪ねてみた。

幕川不動明王 幕川温泉水戸屋旅館のロビー
幕川温泉 水戸屋旅館の館内に祀られる幕川不動明王とレトロなロビー

 見たところ日帰り客は水戸屋旅館の方が多そう。片方だけ入るなら水戸屋を選ぶ人が多いのかもしれない。外側から見た時は同じような規模、同じような古さに見えた両館だが、中に入ると水戸屋旅館の方が全体的に古びている感じがした。

幕川温泉水戸屋旅館のさえりの湯の外観
駐車場裏手のさえりの湯と源泉井戸? 画像はクリックで拡大。

 最初に向かったのが、さえりの湯。ちょうど前の人が出てきて誰もいなくなったところ。場所は宿の裏手で駐車場からさらに奥でちょっと不便。すぐ横の囲いの中に源泉が湧いているのではないだろうか。

幕川温泉水戸屋旅館の渓流露天風呂(混浴)
幕川温泉 水戸屋旅館の渓流露天風呂さえりの湯(混浴)

 本当に川が近い。これはまたいいロケーション。
 屋根の部分が無く、真の意味での露天風呂なので、空が広い。そしてその代わりに雨の日はきっとツラい。雨模様だった昨日来なくて良かったねと夫と話す。ここは晴れた日に入りたいお風呂。

幕川温泉水戸屋旅館の渓流露天風呂さえりの湯 幕川温泉水戸屋旅館さえりの湯
幕川温泉 水戸屋旅館のミルキーブルーのさえりの湯

 日光に反射してお湯はまさに美しいミルキーブルー。粉状の湯の花がとけこんでいる。すごく綺麗。
 全体的に浅く(ただ、岩の境目を見ると、今日は特にお湯が少ないのかも)、また、熱めなのですぐにのぼせる。そうするとやっぱり女性としては岩の上で休むとかしにくいので長湯ができない。残念だけどそろそろ上がる。

幕川温泉水戸屋旅館展望混浴露天風呂入口
幕川温泉 水戸屋旅館の展望露天風呂入口(脱衣所は男女別)

 次は館内の階段を上っていく展望露天風呂。
 これはまた思った以上に凄いロケーション。ちょうど山が錦に色づき始めているのでなおのこと。晴れているし。

幕川温泉水戸屋旅館の展望混浴露天風呂
幕川温泉 水戸屋旅館の瓢箪型の混浴展望露天風呂

 形は瓢箪。周りにいくつか白い椅子など置かれている。
 混浴でも濁り湯なので楽勝と思ったら、さえりの湯と異なり、意外にもほとんど濁っていなかった。透明に近いうす濁り。湯の花は白いものが沢山。熱めで肌触りよし。
 さえりの湯ももそうだったけど、だいたい出ると次の人がやってくるぐらいのタイミングだった。やはり人気の温泉。

幕川温泉水戸屋旅館の脱衣所 幕川温泉水戸屋旅館の内湯
幕川温泉 水戸屋旅館の内湯の脱衣所と内湯。内湯画像はクリックで拡大。

 最後にやや小さい露天風呂の付いた館内の内湯。囲われているが上の方に紅葉しかけた山は見える。この内湯は混浴露天風呂とは別源泉使用で、一番透明だが、逆に湯の花は一番多い。それも消しゴム状のやつがまさに大量。まるで消しゴムかすの中に入っているみたい。
 内湯と比較して隣の小さい露天風呂は少しぬるめ。内湯よりは濁りがあるが、やっぱり消しゴムかすがいっぱい。
 こちらの源泉のお湯は焦げ硫黄臭に川の水っぽいにおいがプラス。にがいゆで卵味。

幕川温泉水戸屋旅館の男女別露天風呂 幕川温泉水戸屋旅館の湯口
幕川温泉 水戸屋旅館の内湯に付属した男女別露天風呂と内湯の湯口。露天風呂画像はクリックで拡大。

 水戸屋旅館は外側から見ると結構大きな建物に見えるのだが、今は使用していない部屋もあり、稼働させているのは最大で24室ほど。山が紅葉で染まった後は、雪が降り積もり、冬は長い休みに入る。

近隣の子連れ遊び場情報

  • 箕輪スキー場
  • 東北サファリパーク(福島Let's体験旅行に遊んだ記録あり)
  • ふくしまスカイパーク(アクロバット機やグライダーを間近で見られる ここで遊んだ体験記録は「滑川温泉湯治日記」参照)
  • フルーツライン(さくらんぼ、もも、梨、ぶどうなどの果物狩り リンクは福島観光協会サイト内 ここを訪問した記録は「福島Let's体験旅行」参照)
  • 四季の里(ガラス細工体験・じゃぶじゃぶ池・バッテリーカーなど ここで遊んだ体験記録は「福島Let's体験旅行」参照)
  • みずいろ公園

女性の混浴風呂攻略ポイント

  • お湯が白濁している点は比較的入りやすいと思うが、渓流露天風呂さえりの湯は脱衣所が共有な点が、瓢箪型の展望露天風呂は浴槽の縁が高めな点が難易度高い。難しければ男女別のお風呂もあるけど、混浴の方が景色がいいから入りたい。バスタオル巻き可能という話もあるので、要確認のこと。
  • 宿泊した場合、展望露天風呂は夕方4時~夜8時は女性専用タイム