会津東山温泉 原瀧

川沿いの露天風呂の景色がいい宿

  • 所在地 〒965-0814 福島県会津若松市東山湯本235 TEL 0242-26-4126
  • 泉質 カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉(含塩化土類-芒硝温泉) 源泉名 原瀧源泉
  • 日帰り入浴受付時間 13:00~20:00(電話予約不要)
  • 立ち寄り入浴料(タオル付き)  大人 1,000円、小人(3歳~小学生) 500円
  • 設備等 男女別内湯、男女別露天風呂
  • 公式サイトURI http://www.yumeguri.co.jp/
  • ※貸切風呂は1,500円。こちらは事前に電話予約必要。
[2013年8月のデータ(宿泊利用) ただし立ち寄り温泉料金・日帰り温泉受付時間は2016年1月のデータ]

子連れ家族のための温泉ポイント温泉ランキング

  • 温度★★★★☆ 泉質★★★★☆ 
  • 設備★★★★☆ 雰囲気★★★★☆ 脱衣所にベビーベッドあり、貸切風呂あり

会津東山温泉 原瀧 体験レポート

会津東山温泉 原瀧の外観 会津東山温泉 原瀧のロビー
会津東山温泉 原瀧の外観とロビー

 会津東山温泉は会津若松の奥座敷で、阿賀川の支流である湯川の渓流沿いに20軒ほどの旅館が点在する。
 滝、または瀧と名に付く旅館が多いが、それらは湯川のところどころにある滝を望む立地であるところが多い。
 今から1,200~1,300年ほど前に高僧 行基によって発見されたと言われ、その際行基を案内したのが日本神話に現れる八咫烏とされている。

 温泉街は最奥に離れて東山グランドホテルがある他は、何とか歩いて回れないことも無い範囲に収まっている。
 その中でも原瀧は入口からぎりぎり徒歩圏といった少し奥まった川沿いに建っている。
 途中の道は少し寂れていて、これでは温泉街の宿泊者は通りへは出ないだろう。みんな泊まった宿の中で旅が完結してしまうに違いないと思われた。

 原瀧の建物も大きいながら古そうだなと言うのが最初の印象だった。
 如何にも昭和の時代に建てられた温泉ホテルと言った風情だ。
 しかしロビーは新しく広々として中央に飾られた花が高級感を出している。

会津東山温泉 原瀧の大浴場 会津東山温泉 原瀧の露天風呂
会津東山温泉 原瀧の大浴場と露天風呂。露天風呂の画像はクリックで拡大。

 お風呂は地下2階。フロント横のエレベーターで降りる。
 地下と言っても地面の下ではなく、川に面して斜面に立っているのでむしろ川に近い場所が建物で言う地下になる。
 脱衣所には髪を結ぶためのカラフルなゴムやおむつを捨てるためのゴミ箱などもあり家族連れに使いやすそうだ。
 浴室は窓を大きく取った立派なもので、底がタイルの長方形の浴槽は中央に石の湯口が付いている。
 石灯籠が飾られているのが和風の雰囲気だ。

 内湯は循環だが露天風呂は掛け流しだと言うので内風呂はそこそこにいそいそと露天に移動した。
 階段を下っていく。突き当りの左が露天風呂に続くドアだ。

会津東山温泉 原瀧の眺めの良い露天風呂 会津東山温泉 原瀧の露天風呂、角度を変えて
会津東山温泉 原瀧の露天風呂、角度を変えて

 そこはちょうど渓流に向けて壁を取り払ったような岩風呂だった。
 奥の方の三方と屋根は塞がれているが、川の側は屋根を支える柱だけでもう本当に身を乗り出せば川の上の空間になる。
 無色透明のさらりとしたお湯で臭いは無く、軽いきしつきはあるものの、すぐにすべすべとした肌触りに変わってくる。
 温度は熱からずぬるからず。
 壁側にある湯口から静かにお湯が流れ込んでいて、湯口の周りは少し熱くなっていた。
 湯口とは逆にお湯が溢れていく側を見たら、大きな沢蟹がすっかりゆだっていた。あらあら。

 何となく先入観で東山温泉のお湯は集中管理なのかと思っていたが、どうやら独自源泉のよう。東山温泉原瀧源泉とあり、川床から湧出しているもの。
 この後何軒も廻ったが、ほとんどの宿は独自源泉だった。
 川に面した岩に腕を預けて顎を乗せるとゆるゆると緊張がほどけていく。
 小鳥が飛んできて目の前の枝にとまった。
 秋にはこれらが全部錦に変わるのだろう。

 滝音は聞こえるが女湯からはほとんど滝は見えない。
 後で聞くと男湯の露天風呂からはよく見えたそうだ。

近隣の子連れ遊び場情報

  • 手作り体験ひろば番匠(赤べこ絵付けなど3歳ぐらいから楽しめる、グランデコ雪遊び日記に遊んだ記録有り)
  • 鶴ヶ城(天守閣からの眺めが良い)